日別アーカイブ: 2020年8月7日

KTM.RC8/2009モデルのサスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1070580 P1070579

KTM.RC8/09モデルのサスペンションOHを行いました。自分にとってはスーパーカーと言っても良いレベルの車両です。笑 現オーナー様になってから始めてのメンテナンスとなります。フロントフォークは基本的な作業に加えて、意外にオイル漏れし易いCOMPアジャスターのOHも行いました。

P1070602 P1070603

ピストンロッド径が14MMのタイプで、KTMシリーズの中では小型のリアショックです。かなり軽量な車体が想像できます。おそらく初回のオーバーホールだったと思います。リバウンドアジャスターロッドがピストンロッド内で最強の状態で固着していました。アンダークランプまでを分解するフルオーバーホールになりました。今後は幅広いセッティングが可能になります。

P1070606

作業のご依頼をいただき、誠にありがとうございました。その他現在お預かりしています品物も近日仕上がる予定です。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

KTM250EXC.SIXDAYS/17モデルの車両整備。

みなさんこんばんは。

P1070535 P1070536

KTM250EXC.SIXDAYS/17モデル。いつもお世話になっていますお客さまというかライディング仲間の車両整備を行ないました。前回の作業は一昨年の秋頃でした。それ以来の総合メンテナンスです。前回は写真が少なかったので今回は沢山撮りました。笑 まずはフロントフォークの取り外しがてらステムベアリングの交換を行いました。

P1070539 P1070538

前回も行ったスイングアームベアリングのグリスアップですが、新車時から三年も経つとベアリングも結構痛んできますね。。

P1070542 P1070544

ピストン交換を行いました。良いタイミングのメンテナンスだったと思います。排気デバイスのカーボン付着もなかなか頑固なものでした。オイルはモトレックスを使用していましたが、今年に入ってからエルフに変更しています。

P1070547 P1070549

去年購入していただきました、WP/XPLORフォークのOHです。CORNバルブ式のクローズドカートリッジになります。過去に何回か作業していますが、良いフィーリングを維持できるようになかなか緊張感のある作業です。笑 アウター側とカートリッジを全て分解してのメンテナンスを行ないました。

P1070805 P1070806

このフォークはオイルシール交換がなかなか面倒です。シールホルダーがアウターチューブにねじ込みでセットされています。フォークの剛性など考えての事なのか、、。特殊工具がいくつか必要になります。

P1070540 P1070537

ホイールベアリングを前後交換しました。メタメタな状態でした。汗

P1070550

最後にリアショックOHを行い完成です。リアショックもOHLINS/TTXに変更しています。ノーマルのWP/PDSよりもストローク感が有って柔らかいフィーリングですがしっかりした乗り味のリアショックです。理想的だと思います。前回の作業時同様に、オイル汚れも少なく不具合は有りませんでした。オイルシールと数点のOリングの交換を行い仕上げました。

大きなレースは1レースも参戦出来ていない今シーズンですが、今後のレースと練習走行、楽しくやりましょうね。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。