WP.PDSリアショックのオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1070007P1070006

KTM用のWP.PDSリアショックのOHを行いました。2本まとめてオーダーをいただきました。まずは07/KTM200EXC用から作業を行いました。リバウンドアジャスターが固着していましたので、ピストンロッド/クランプを分解してアジャスターの回収を行います。今回は錆が相当進行していて、逆タップをつかっても全く動きませんでした。。汗 何とか回収したものの、ねじ山に傷が入ってしまって使用出来ませんでした。在庫品(中古品です)でキープしていたクランプを使用して難を逃れましたが、あまり使いたくない一手でした。。でもまあ、こんな事もありますね。

P1070008

次は12/KTM300XCW用の作業です。こちらは長くメンテナンスされていなかった様子ですが、内容物に大きなダメージは無く、スムースに進行しました。きれいに仕上がりました。

P1070010

その後の走行フィーリングに問題は無いでしょうか。遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>