ハーレー.スポーツスター改のサスペンションオーバーホール及びリバルビング。

みなさんこんばんは。

P1070742 P1070743

以前から継続して作業させていただいていますサスペンションです。ベース車両はスポーツスターを大きく仕様変更されています。リアショックは若干オイル漏れを起こしているという事で、メンテナンスが前提となりました。一般的なパッキン型のオイルシールは使用していないシールヘッドで、オイル止めはOリングで行っています。ピストンロッドとの当たりが重要だと思います。セット変更は前回作業時に行ったピストン加工から更に追加の加工を行いました。

P1070751 P1070750

今回はフロントフォークのセット変更も行いました。ベースとなるフロントフォークはYZ450Fだと思いますが、とにかく柔らかくセットし直しました。まずはプレッシャースプリングをソフトに変更してピストンに穴あけ加工を行いました。

P1070749 P1070753

合わせてリバルビングを行いました。定期メンテナンスとして、カートリッジのピストンロッドの作動が怪しい雰囲気でしたので、フリーピストンの軸受けオイルシールとピストンOリングの交換を行いました。

P1070763

初回走行でかなり動くようになったと連絡をいただきました。その後の走行フィーリングは如何でしょうか。また何でもご相談をいただければと思います。引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>