KTM350SXF/2018モデルのサスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1070856 P1070857

KTM350SXF/18モデルのサスペンションOHを行いました。まずはリアショックの作業から。分解点検してみて、サスペンションをしっかり使って走行されているお客さまという印象でした。構成パーツに目立った痛みは有りませんでしたが、オイル汚れが進行していました。ピストンもすっきり新品に交換しましたので、良いダンパー性能が戻って来ていると思います。

P1070858 P1070860

走行されているトラックは細かな砂混じりのコースが多いのかもと思いましたが、リアショックのピストンロッド同様にフォークインナーチューブにも縦傷が比較的目立ちました。各々研磨を入念に行いました。フォークシール類とブッシュ類の他、エアフォークでは不具合が有ってはならないパーツとなるエアカートリッジ側のメインピストンの交換を行いました。

P1070862

すっきりリフレッシュ出来ている筈ですが、その後の走行フィーリングに問題はございませんでしょうか。遠方からのご用命をいただき、いつも大変ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>