YZ250/13モデルのサスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1070354 P1070353

YZ250/13モデルのサスペンションOHを行いました。リアショックの作業から。分解点検の結果はとても良好でした。使用期間を考えるとオイル汚れも少なく各パーツ類の消耗も少ないように見えました。ピストンロッドの当たりも問題ありませんでしたが研磨を行ない、パーツ類の交換を行いました。

P1070357 P1070358

フロントフォークはリアショックに対して結構しっかり使用されてきた雰囲気でした。インナーチューブ研磨、オイルシール類の交換とこのモデルでは使っていなかったダストスクレーパーをセットしました。

P1070359

フリーピストンに亀裂が入っていましたので、社外のフリーピストンに交換を行いました。ストローク時の内圧が低く抑えられることと、純正ではOリングがセットされている箇所がピストンリングに変更されていますので、フリクションも少なくなりくスムーズに作動すると思います。更に初期作動を改善するという意味で、プレッシャースプリングもレートを落としました。

P1070361

その後の走行フィーリングに問題は無いでしょうか。不具合など有りましたら、何でもご連絡下さい。お仕事のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6/13(土)

みなさんこんばんは。

P1070314 P1070320

GPZ1100用のWPリアショックのOHを行いました。オイル汚れはそれ程進んでいませんでしたが、旧型のパーツがセットされていましたので、久しぶりかもしくは初回のOHだったかもしれません。オイルシール類やガス圧でへたったOリングやブッシュなど交換を行い、バンプラバーを取り付けました。それ程走行されていない品物だと思います。良いフィーリングが期待できると思います。何か不具合が有りましたら、何でもご連絡下さい。

P1070332P1070333

ハスクバーナFE350/17モデルのフロントフォークOHを行いました。基本的には御自身でメンテナンスをされているという事でしたが、OH後のフィーリングがいつもと変わってしまったという事で細部までの点検を行いました。結果はしっかりとした作業がされていて良い状態でした。シムの積層まで確認を行なった流れで何か変化を付けてみたいというリクエストからリバルビング作業を行いました。林道走行がメインのお客さまです。本州や四国の滑りやすくてジャリが浮き気味のタイトなセクションで走行し易くをメインに考えましたが、車格とお客さまのライディングスキルを考慮してセッティングしました。

P1070335 P1070336

一通り作業を終えた段階で、TOPキャップのプリロードアジャスターにガタがある事を発見してこの修理も行いました。走行中は多分何の影響も無いかと思いますが、伸びきった時にこつこつ音が出ますので気持ち悪い症状です。WPエクスプローラーフォークでは時々出る症状です。

P1070338

遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。またお役に立てる事が有りましたら、何でもご連絡をいただければと思います。

 

今週もお疲れ様でした。お問い合わせをいただきましたお客さま、大変ありがとうございました。

それではみなさん、良い休日を。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM250EXC.TPI.SIXDAYS/19モデルのサスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1070329 P1070330

KTM250EXC.TPI.SD/19モデルのサスペンションOHを行いました。新車購入時にローダウン加工と各部グリスアップ等初期メンテナンスをご依頼いただきましたお客さまです。一年間走行されて定期メンテナンスとなります。また今回は今後の走行条件に合わせてローダウン解除を行いました。

P1070331

フロントフォーク、リアショック共に消耗したパーツ交換を行いリフレッシュしました。

P1070339P1070340P1070341

スイングアームやステムベアリング、またホイールベアリング等のグリスアップと、各部点検も合わせて行いました。

P1070344

19.SIXDAYSモデルのチリグラフィックはシンプルですが、何か良い雰囲気がありますよね。問題無くきれいに仕上がりました。また今年一年、沢山楽しんでいただける筈です。いつもご連絡をいただき、誠にありがとうございます。

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM200EXC/14モデルのサスペンションリバルビング。

みなさんこんばんは。

P1070302 P1070303

KTM200EXC/14モデルのサスペンションOH及びリバルビングを行いました。フロントフォークの作業、まずは確実な定期メンテナンスから。オイルシール類の交換とインナーチューブ研磨、年式からそろそろと思われますCOMPアジャスターニードルのOリング交換を行いました。オイル汚れも少なく良好な点検結果でした。フォークはWP4860オープンカートリッジです。初期作動が固い印象のフロントフォークでしたが、お客さまもその部分の改善とプラスアルファをという事でご依頼をいただきました。

P1070304 P1070305

お客さまからのフィーリングの感想と走行条件や体格を考慮してシムセットを行います。スプリング研磨と合わせて、スプリング+プリロードスペーサーの全長管理も同様に考えてセットを行っています。

P1070307 P1070309

リアショックはWP/PDSショックです。フロントフォークと同様に過去に何度も行ったセッティング内容ですが、今回はそれをベースにソフト方向にセッティングしました。

P1070311

走行フィーリングは如何でしょうか。不具合など有りましたら対応させていただきます。お仕事のご用命をいただき、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

YZ125Xのサスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1070298 P1070299

YZ125XのサスペンションOHを行いました。フロントフォークはオイル汚れがかなり進行していました。インナーチューブに小さな傷もいくつか目立ちましたので、研磨を行ないブッシュ類の交換とオイルシール類の交換を行いました。リアショックはオイル汚れは目立ちませんでしたが、ガス圧の低下がありオイルに気泡が多数混ざっていました。メンテナンスには良いタイミングだったと思います。

P1070300 P1070301

リアショックの作業です。シールヘッドのブッシュを交換しセンタリングを行い、ピストンロッドとの当たりがスムーズかを確認して組み付けます。ピストンとシールヘッドのセンタリングも重要な作業だと思います。

P1070312

その後の走行フィーリングは如何でしょうか。お仕事のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6/6(土)

みなさんこんばんは。

P1070279 P1070281

HONDA XR250 /1985モデルのリアショックオーバーホールを行いました。年式からすると、外観がとてもきれいで内容物もとても状態の良いリアショックでした。定期メンテナンスとして、オイルシールセット/ブラッダー、経年劣化で砕けてしまったバンプラバーを新品にしました。エア抜き口の無いリアショックですので、これを増設しました。おそらく新品同様の性能が戻っている筈ですが、その後のフィーリングは如何でしょうか。いつもご連絡をいただき、大変ありがとうございます。

 

P1070282 P1070283

ハスクバーナTE250/16モデルのリアショックオーバーホールを行いました。定期的にメンテナンスのご依頼をいただくお客さまです。前回作業を行ってから結構早めのオイル漏れが有り今回もご連絡をいただきました。点検結果は良好で、パーツ類も消耗が有りませんでしたが、オイルシールとブッシュ交換を行いピストンロッドを入念にチェック、研磨を行ないました。シールヘッドとピストンのセンタリングを確実に行い、おそらくこれが原因で有ったと思われるTOPアウトスプリングのセットを工夫しました。今回もご用命をいただき大変感謝です。今後の状況等、またご連絡をいただければと思います。

 

P1070313 P1070316

beta.Xトレーナー250のフロントフォークオーバーホールとアンドレアーニ/カートリッジキットの組付けを行いました。スタンダードは右側フォークにスプリング室、左フォークはダンパー室というシステムのフロントフォークですが、このキットは左右同様にスプリングとインナーカートリッジがセットされます。フィーリングは当然ですがかなり向上されると思います。

P1070315

ご贔屓いただいていますショップ様からのご依頼でした。今回が二回目の同様の作業でしたので、スムーズに作業できました。その後も問題は無いでしょうか。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

今週もお疲れ様でした。お問い合わせをいただきましたお客さま、大変ありがとうございました。

それではみなさん、良い休日を。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM990SMTのサスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1070293 P1070295

KTM990SMTのサスペンションOHを行いました。購入されてから初回のメンテナンスという事です。ツーリング主体の使用状況ですので、オイル汚れはそこそこといった感じでしたが、ダストシールにひび割れもありましたし、パーツ類の消耗を考えるとOHには良いタイミングだったと思います。フロントフォークの作業は、錆が出やすいリバウンドアジャスターニードルのグリスアップやオイル漏れし易いCOMPアジャスターのOリング交換も合わせて行いました。

P1070291

リアショックも同様にオイルシール類/Oリング類/ピストンリング/バンプラバー等全て交換しました。今後も安心して走行していただける筈です。

P1070296

試運転を終えて。もう少し走行してみたかったのですがサスペンションフィーリングの確認のみ 笑 素晴らしいマシンでした。 ご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM250EXC.SIXDAYS/17モデルのメンテナンス。

みなさんこんばんは。

P1070535 P1070536

KTM250EXC.SIXDAYS/17モデルの車両整備を行なっています。車体廻りのグリスアップから作業に入りました。前回作業は一昨年の秋でした。レース参加とお休みもありますが、おおよそ週一回くらいの走行ペースです。ステムベアリングは前回交換しましたが、その時のグリスがしっかり残ってますね。笑 良好です。

P1070538 P1070539

スイングアームベアリングのグリスアップは新車時に行ってから自分が作業するのは初めてです。グリス切れしていましたが、スリーブに段付きは出ていませんでした。左右のブッシュとシールの当たりが結構きついという状態でしたので、シール/ブッシュの交換を行いベアリングのグリスアップで組み付けました。もう少し進むとベアリングも交換だったかな?と思います。新車時のグリスアップって重要ですね。

P1070537 P1070540

前後ホイールのハブベアリングを交換しました。結構な痛み具合でした。多分今回が初めての作業になると思います。

今後エンジンOH、サスペンションOHと続きます。本日もお疲れ様でした。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

5/30(土)

みなさんこんばんは。

P1070266 P1070267

KTM250EXC/14モデルのリアショックOHを行いました。中古車両を購入されて、初回の点検となりました。定期メンテナンスをベースに、20MMローダウンの解除とソフトにセッティングされていたシムの積層をノーマルセットに戻しました。

P1070268

要所となるパーツ類の交換も行い、初期性能に近付く様に確実に作業させていただきました。フィーリングは如何でしょうか。

 

P1070247 P1070248

Dトラッカー用のリアショックOHを行いました。消耗したパーツ類の交換と、オイル漏れの原因だったピストンロッドの錆を修正しました。錆びの深さと位置的に、これも何とも微妙な痛み具合でしたが、研磨を選択しました。

P1070254

きれいに仕上がりました。今後オイル漏れが有りましたら、再メッキで対応させていただきます。何でもご連絡をお待ちしています。

 

P1070270 P1070277

beta.Xトレーナー250のフロントフォークローダウン加工を行いました。調整寸法はシート高で30MMです。右フォークにフォークスプリングがセットされていて、左フォークはダンパー室でスプリングは入りません。それぞれ構造が違いますので、ローダウンカラーは形状違いを二個製作します。またローダウンの寸法に合ったフォークスプリングを製作しました。その後の走行フィーリングに問題は無いでしょうか。

お仕事のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

今週もお疲れ様でした。お問い合わせをいただきましたお客さま、大変ありがとうございました。

天気が良くて今時期の良い風が吹いてました。人通りも多くなり街並みに明るさが戻った印象の土曜日でした。笑

ではではみなさん、良い休日を。

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone