KTM250TPI/2020モデルのサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1090185

KTM250TPI/20モデルのサスペンションローダウン加工を行いました。調整寸法はシート高で30MMの調整を行いました。フロントフォークの作業はスプリングリテーナー及びローダウンカラーの製作を行いセットします。それ程走行されていない車両でしたが、使用期間も考慮してオイルシール類の交換も行いました。

P1090186 P1090187

リアショックの作業です。分解点検の内容は良好で、交換パーツは最低限となりました。新車時の動きと遜色無いように、エア抜き作業を確実に行って窒素ガス圧も極力適正値に合わせます。

P1090191

随分涼しくなり、ライディングもより楽しめる季節です。その後の走行フィーリングは如何でしょうか。お仕事のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

9/25(土)

みなさんこんばんは。

P1090173

KTM250SXF/2020モデルのリアショックOHを行いました。定期メンテナンスと以前にリバルビングされていたシムセットをスタンダードへ戻すという作業内容です。ピストンとシリンダーの当たりがかなりきつい状態でシリンダー内壁にダメージが有りましたので、シリンダーのカシマコーティングも合わせて行いました。

P1090174 P1090175

シムセットはメインピストン/ハイスピードCOMPのセットそれぞれ変更されていましたので、各々の作業を行いました。

P1090172

ライディングスキルの高いライダーが使用されていましたので、各部負担が多く感じました。ピストンロッドは再メッキ処理かのぎりぎりの線でしたが、今回も研磨で上手くフォロー出来ている筈です。

P1090177

きれいに仕上がりました。いつもご用命をいただき、誠にありがとうございます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

P1090190 P1090189

KTM250EXCF/2009モデルのフロントフォークOHを行いました。前回作業から暫く。今回もご連絡をいただき、大変ありがとうございます。作業は定期メンテナンスを確実に行いました。WPオープンカートリッジのフロントフォークです。COMPアジャスターからのオイル漏れをよく見かけますので事前にチェックしました。

P1090188

インナーチューブの当たりは良好でした。チューブの研磨は通常の作業内容として行っています。前回交換を行わなかったスライドメタル類を四点交換させていただきました。

P1090192

その後も不具合無く無く走行されているでしょうか。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

P1090382 P1090380

YZ250F/2021モデルのフロントフォークセットアップを行っています。自由研究です。KYBフォークはSHERCOのエンデューロ車両用で長くセッティングを行ってきて、エンデューロセットとしては自分なりにですがなかなか良いデータが取れて来ていると感じています。モトクロスセットは新たなチャレンジです。良い勉強になるでしょう。笑  ひとまず初回の作業を終えて、明日テスト走行です。

今週もお疲れ様でした。お問い合わせをいただきましたお客様、誠にありがとうございました。

それではみなさん、良い週末を。

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM250EXC/2017モデルのクラッチ関連修理。

みなさんこんばんは。

P1090377 P1090376

KTM250EXC/17モデルのクラッチ廻りの点検とパーツ交換を行いました。クラッチ板は定期的に交換していますが、以前よりスパッと切れる感触が無くなったという事で持ち込んでいただきました。交換して良かったなあと思ったのはクラッチハブダンパーです。スラスト方向へのガタが大きくてパーツ自体も痛んでいました。

P1090378

その他、クラッチシリンダーCPLとマスターシリンダー/インナーキット、マスターシリンダーのキャップ及びガスケット等も合わせて交換しました。今週末の走行で状態を確認予定です。

本日もお疲れ様でした  。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

WPツインショックオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1090168

WPツインショックのOHを行いました。

P1090169 P1090160

ピストンロッド径が12.4MMのショックアブソーバーです。このタイプはオイルシール形状が特殊で、また現在は純正パーツの取り寄せが難しくなります。シールヘッドを加工してパッキンタイプのオイルシールを使用します。ノーマルパーツはフリクションレスという面では利点が有りますが、耐久性はやや劣ると思います。今後は安定した性能が得られる筈です。ピストンロッドにはやや深めの縦傷が有りましたが、問題無いレベルまで修正出来ました。

P1090176

ショックスプリングは錆と腐食が進んでいましたが、今回もカドワキコーティング様に対応いただき、きれいに仕上げる事が出来ました。その後の走行フィーリングは如何でしょうか。お仕事のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

ハスクバーナTE250TPI/2019モデルの作業。

みなさんこんばんは。

P1090379

ハスクバーナTE250TPI/2019モデルです。エンジンの調子がいまひとつという事で入庫いただきました。全体的にきれいに吹け上がらないという症状です。まずは洗車を行った後故障探求に入りました。

P1090375

リードバルブの確認やフューエルラインのフィルターの汚れ具合をチェックした後インジェクタークリーニングを行いました。インジェクターは二個使用していますが、片側に詰まりがある感触でした。怪しいインジェクターのみ念のため二回洗浄を行いエンジン始動しました。結果としてはかなり良いフィーリングに戻りました。これでOKでしょうという事で、今後はピストン交換と時期的に交換が必要なオイルポンプ交換作業までを行う予定です。

本日もお疲れ様でした。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

9/18(土)

みなさんこんばんは。

P1090042

KTM250EXCF/2016モデルのフロントフォークリバルビング作業を行いました。

P1090043 P1090044

ノーマルタイプのEXCFですのでWPオープンカートリッジが装着されています。COMP/REBのシムの入れ替えとフォークスプリングとプリロードスペーサーの全長管理及び油面の見直しを行いました。定期メンテナンスも合わせて行いました。時期的にそろそろオイル漏れしそうなCOMPアジャスターのOリング交換も合わせて行いました。

P1090052

その後の走行フィーリングは如何でしょうか??

 

P1090158 P1090159

合わせて同じお客様からのご依頼です。KTM200EXC/同じく16モデルのフロントフォーク作業です。2サイクルと4サイクル二台持ちは理想的ですね。笑  作業内容は左フォークのアンダークランプの交換です。キャリパーサポートを激しくヒットした様子で、サポートステーが曲がっていました。汗  OH作業を行ったばかりのフォークでしたので、出来る限りシンプルな作業で仕上げました。パーツ代金が高価になりますので作業工賃はリーズナブルを目指しました。

P1090165

いつもいつもご連絡をいただき大変感謝です。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

今週もお疲れ様でした。お問い合わせ、またご来店をいただきましたお客様、大変ありがとうございました。シルバーウィーク中ですがお店は通常に営業しています。どうぞよろしくお願いいたします。

それではみなさん、良い休日をー。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM250EXCF/2010モデルのサスペンション作業。

みなさんこんばんは。

P1090129 P1090123

KTM250EXCF/10モデルのサスペンション作業です。内容はシート高で30MMのローダウン加工とフロントフォークリバルビングです。定期メンテナンスをベースに作業を行いました。フロントフォークの作業、まずは基本的な消耗パーツ類の交換とインナーチューブの研磨を行いました。

P1090130

WPオープンカートリッジタイプのフロントフォークです。自分なりにですがしっかりとしたオリジナルのリバルビングデータがあって、お客様の体格と走行条件に合わせました。30MMのローダウンに対して、このフォークはスプリングリテーナーで調整出来ない事と今回はバネレートを1レートソフトという内容で行いましたので、専用のスプリングを準備しました。ノーマルは505MM全長です。475MMスプリングはWP純正や社外パーツでも入手し易いスプリングになります。

P1090127 P1090128

分解時、TOPキャップがなかなか回転しなくて苦労しました。何とか外して確認するとねじ山にダメージが有りました。この修正を行って組み付けを行いました。

P1090131

リアショックの作業です。実は、、車両の年式は2010モデルですが、サスペンション自体は07モデルの物が装着されていました。フロントフォーク全長は一緒ですが、リアショックは07モデルのほうが短い設定です。10、07のノーマル寸法を考慮してローダウンカラーの製作を行いました。ぴったり寸法調整出来ている筈です。

P1090132 P1090134

エア抜きを確実に行い、フリーピストンの位置決めを行います。窒素ガス圧は10BARでセットします。

P1090136

きれいに仕上がりました。遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

beta.RR2T.200のサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1090118 P1090119

beta.RR2T.200、サスペンションローダウン加工を行いました。調整寸法はシート高で30MMとなりました。フォークスプリングを交換せず極力リーズナブルという内容で進めました。ノーマルのスプリングリテーナーからオリジナルのリテーナーへ交換し、スプリングの全長管理を行いました。COMP/REB独立タイプのフォークですのでTOPキャップの形状が左右異なります。片側のスプリングは僅かにショート加工を行い対処しました。バランス良く作業出来ました。

P1090117

インナーチューブが結構曇って(笑)いましたので、ぴっかぴかに磨きました。

P1090122

フロントフォーク、リアショック共よい感じでメンテナンスサイクルでした。リアショックはザックス純正のOHキットを使用して消耗したパーツ交換を行います。ローダウンカラーのセットを行い完成しました。

P1090135

いつもご用命をいただき、誠にありがとうございます。RR2T.200は自分もかなりフィーリングの良い車両だと思います。走行フィーリングは向上されましたでしょうか??。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTMフリーライド250F/2020モデルのサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1090102 P1090103

KTMフリーライド250F/20モデルのサスペンションローダウン加工を行いました。分解点検の結果はとても良好で、交換パーツは必要最低限になりました。ローダウンカラーとフォークスプリングリテーナーの製作を行い、シート高で30MMの調整を行いました。

P1090104

リアショックの作業です。フロントフォーク同様に良い状態でした。ローダウンカラーのセットと定期メンテナンスを確実に行いました。

P1090114

ローダウン作業と合わせて、前後ソフトスプリングへの変更も行いました。その後の走行フィーリングに問題は無いでしょうか。遠方からのご用命をいただき、いつも大変ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

9/12(土)

みなさんこんばんは。

P1090156 P1090164

CBR600RR用のフロントフォークOHを行いました。オイルシール類の交換とオイル交換、またインナーチューブ研磨を行い仕上げました。SHOWA、KYBのロード車両用のフロントフォークは比較的作業を行う機会が少ないですが、お客様に納得していただけるよう丁寧に作業しています。

 

P1090153 P1090166

SCOTTS製のステアリングダンパーOHを行いました。多分90年代から同様の仕様でこれまでになると思います。信頼性のあるアイテムです。フルオーバーホールを行いました。今後も安心して使用していただける筈です。

 

P1090154 P1090155

XR600R用のリアショックOHを行いました。とても久しぶりのメンテナンスという事で、定期交換パーツと縦傷が目立ったピストンロッド研磨をしつこく行い仕上げました。

P1090167

その後不具合等ございませんでしょうか??。

いつもご用命をいただき、誠にありがとうございます。

 

 

P1090328 P1090329

レースシーズンも後半戦です。今年の夏はめちゃ暑かった、、と思います。その間行ってきたSHERCO/KYBフロントフォークモデファイです。ライダーレベルに合わせてフォークスプリングをノーマルの4.2から4.4へ上げてセットを行ってきました。先週までの試運転で結構納得に行くフィーリングになりましたので、本番用のフォークのメンテナンス及びあと少しこんなのはどうかという内容を入れました。

P1090337

これまで仕上げたセット内容と上記作業を行ったフォークのテストを明日行います。いずれにしても来週はルスツ、本ちゃんです。

 

今週もお疲れ様でした。お問い合わせをいただきましたお客様、誠にありがとうございました。

それではもなさん、良い休日を。

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone