WP.PDSリアショックのオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1070007P1070006

KTM用のWP.PDSリアショックのOHを行いました。2本まとめてオーダーをいただきました。まずは07/KTM200EXC用から作業を行いました。リバウンドアジャスターが固着していましたので、ピストンロッド/クランプを分解してアジャスターの回収を行います。今回は錆が相当進行していて、逆タップをつかっても全く動きませんでした。。汗 何とか回収したものの、ねじ山に傷が入ってしまって使用出来ませんでした。在庫品(中古品です)でキープしていたクランプを使用して難を逃れましたが、あまり使いたくない一手でした。。でもまあ、こんな事もありますね。

P1070008

次は12/KTM300XCW用の作業です。こちらは長くメンテナンスされていなかった様子ですが、内容物に大きなダメージは無く、スムースに進行しました。きれいに仕上がりました。

P1070010

その後の走行フィーリングに問題は無いでしょうか。遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

3/7(土)

みなさんこんばんは。

P1070063 P1070062

KTM250EXCF/16モデル、WP/4CSフロントフォークOHを行いました。アジアンラリー後のメンテナンスとなりました。とても細かな砂がオイルシール周辺に侵入している事が多いです。オイルシール類、ブッシュの交換とインナーチューブ研磨を入念に行ないます。また今後はラリー仕様からエンデューロ向けのセットに変更という事でしたので、スプリングとプリロードスペーサーの寸法調整を行いました。

P1070067

ラリーとエンデューロ、今後も沢山楽しんで下さい。いつもご連絡をいただき、誠にありがとうございます。

 

P1060976 P1060977

KTM250XCF/19モデル、WP/AERフォークのリバルビングを行いました。購入されてから初回のメンテナンスも兼ねて作業を行いました。SXFをよりエンデューロ使用向けにリセットして販売されている車両です。土の上(笑)を走行しているときはとっても良いフィーリングだと思います。これはほんとそう思います。石とか木の根も含む低速セクションになると硬さが感じられて接地感が少なくなってくると思いますが、この辺りの工夫をという事でご依頼いただきました。まずは通常のメンテナンスとしてアウター側のシール類とインナー側のシール類の交換を行いました。リバルビング内容は、接地感を損なわず、手に来ない柔らかなフィーリングを目指します。

P1060992

その後の走行フィーリングは如何でしょうか。不具合など有りましたら、何でもご相談下さい。お待ちしています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

今週もお疲れ様でした。今週も沢山のお問い合わせをいただき、大変ありがとうございました。

ではではみなさん、良い休日を。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

tmRACING/サスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1060991

tmRACING用サスペンションのオーバーホールとローダウン加工を行いました。複数代所有のお客さまからのご依頼です。いつも大変お世話になっています。ありがとうございます。フロントフォークは定期メンテナンスとシート高で35MMのローダウン加工を行いました。ローダウン寸法に合わせてスプリングを製作しました。レートも1レートソフトに変更しました。

P1060999 P1070001

リアショックの作業。こちらもOHLINS製となります。車高調整寸法はこちらは30MMです。エア抜き作業を確実に行って、フリーピストンの位置決めをします。

P1070002

最後に窒素ガスの封入とガス圧調整を行い完成です。

P1070003

リアショックスプリングもソフトスプリングへ変更しました。こちらはOHLINS純正パーツを取り寄せしました。今年は暖冬でしたので、そろそろ走行されている時期かと思います。走行フィーリングに問題は無いでしょうか。また何でもご連絡をいただければと思います。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

ワークスパフォーマンス/ツインショックのオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1060990

ワークスパフォーマンス.ツインショックのOHを行いました。三年程前にOHのご依頼をいただきましたお客さま。今回も定期メンテナンスとなります。純正パーツにてオイルシール、ブラッダーの交換を行いました。オイル汚れも結構進行していましたので、定期メンテナンスとしましてはちょうど良いタイミングだったと思います。

P1070005

遠方からのご連絡をいただき、いつも大変ありがとうございます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

SHERCO250SE.ファクトリー/19モデルのサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1060995 P1060996

SHERCO250SE.ファクトリー/19モデルのサスペンションローダウン加工を行いました。シート高で30MMの調整になります。前後ローダウンカラー及びフロントフォークスプリングリテーナーを製作してセットします。EXPフロントフォークはリテーナー幅がありますので、一般的な寸法の場合はスプリング製作が必要ありませんのでリーズナブルに仕上がります。車体は19モデルという事で、消耗パーツ類の交換も最低限で仕上がりました。

P1060997

遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。試運転の結果は如何でしたでしょうか。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM150XC/17モデルのサスペンションローダウン加工とリバルビング。

みなさんこんばんは。

P1060984 P1060985

KTM150XC/17モデルのサスペンションローダウン加工とリバルビングを行いました。中古車両で購入されて、すぐにご依頼をいただきました。サスペンションは20モデルの最新エクスプローラーサスペンションが装着されていました。車体本体でお預かりしましたが、とてもきれいで状態の良い車両です。良いお買い物でしたね。笑  ローダウン寸法はシート高で50MM。リバルビング内容はよりソフト方向。難所でひっかからないスムーズな動きをという内容で行いました。車両入れ替え毎にご連絡を頂いているお客さま。今回も丁寧に作業しました。

P1060986 P1060987

エクスプローラーシリーズも、早4年目になりました。内容物/シムセット共に毎年改良されています。今年は更に大きな変更があったように感じます。

P1060989

最後に簡単な初回点検とキャブレーションセットを行いました。初回走行を終えて、とても良いフィーリングだったと連絡をいただきました。良い仕事が出来た様子で安心しました。

いつもお世話になっています。またお近くに来た際にはご来店をお待ちしています。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

ハスクバーナTE250/15モデルのメンテナンス。

みなさんこんばんは。

P1060965 P1060964

HSQ.TE250/15モデルの車両整備を行ないました。まずはピストン交換から作業に入りました。お客さまの言うとおり、結構走行されている雰囲気のピストンです。OH後のエンジンフィーリングに期待大ですね。排気デバイスも合わせてクリーニングしました。

P1060966

エンジン始動時にスターターモーターが空回る時があるという事で、関連パーツ類の点検を行いました。特に異常は無いように思いましたので、洗浄とグリスアップを行い丁寧に組み付けを行いました。

P1060973

最後にリアショックのOHを行いました。購入されてから初回のOHとなります。こちらも良いフィーリングに戻る筈です。

P1060979

いつもご用命をいただき、誠にありがとうございます。現在頂いている作業も極力早めに仕上げたいと思います。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM500EXC.SIXDAYS/16モデルのサスペンションメンテナンス。

みなさんこんばんは。

P1060925 P1060926

KTM500EXC.SIXDAYS/16モデルのサスペンションOH及びローダウン加工を行いました。シート高で40MMのローダウンを行うと共に、購入してからどうもスムーズに動かない印象があるというフロントフォーク。構成パーツを出来る限り細部まで点検しました。

P1060924

オイルシール類の交換と、通常通りインナーチューブの研磨を行ない仕上げます。

P1060927 P1060928

リアショックも同様に、細部の点検を行いました。エア抜きを丁寧に行ない完成です。

P1060944

フロントフォークスプリングは、標準よりも1レートソフトの4.4N/MMをセットしました。その後の走行フィーリングは如何でしょうか。何か不具合が有りましたら、何でもご相談をいただければと思います。よろしくお願いいたします。遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

2/22(土)

みなさんこんばんは。

P1060954

KTM用WP4860EXP/フロントフォークのOHを行いました。冬季の定期メンテナンスとなります。パーツ類に消耗は少なかったのですが、オイル汚れが結構進んでしました。マディー路面や川の中も走行するエンデューロ車両ですので、フロントフォークオイルは白濁し易いと思います。割と簡単な構造のフロントフォークですので、時々のオイル交換だけでもフィーリングが変わってくると思います。

P1060955 P1060956

ザックスリアショックのOHを行いました。車両はbeta/RR2Tです。定期的にメンテナンスのご依頼を頂いているショックユニットです。今回も丁寧に作業させていただきました。シーズンインが楽しみですね。

P1060959 P1060957

いつもご贔屓いただいていますショップ様からまとめてご依頼いただきました。いつも大変お世話になっています。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

P1070191

今週最後の作業です。明日の走行準備を行いました。久しぶりの深夜作業になってしまいました。。。笑

今週もお疲れ様でした。今週も沢山のお問い合わせをいただき、大変ありがとうございました。

それではみなさん、良い休日を。

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM150XC/2020モデルのサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1060968

KTM150XC/20モデルのサスペンションローダウン加工を行いました。

P1060971 P1060972

ローダウン寸法はシート高で50MMの調整です。KTM本社が推奨する一番低い車高となります。ローダウンカラーの製作とセット、フロントフォークスプリングはお客さまの体格に合わせたソフトな設定で、ショートスプリングを準備しました。20モデルはレッドカラーのパーツ類が見栄えしますね。

P1060970

最後にサイドスタンドのショート加工を行いました。

P1060975

その後の走行フィーリング、如何でしょうか。何か有りましたら何でもご相談下さい。いつもご用命をいただき、誠にありがとうございます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone