beta.X-Trainer250のサスペンションOHとリバルビング。

みなさんこんばんは。

P1050899

beta.X-Trainer250、サスペンションのリバルビングを行ないました。定期メンテナンスのタイミングと合わせて作業のご依頼をいただきました。

P1050908 P1050901

シムの積層データを持っていない車両ですので、シムの配列をチェックします。ボトムフィーリングの向上を主に考えました。シリンダーの容量も考慮して作業しました。自分の経験地が試される仕事です。

 

P1050900

フロントフォークもOHとリバルビングを行ないましたが、写真を撮り忘れてしまいました。申し訳ありません。。その他の作業としてTOPキャップにエア抜き口を増設しました。このフォークにはとても意味のある作業だと思います。

P1050902

自分も試運転させていただきましたが良いフィーリングに感じました。その後走行距離も伸びていると思いますが如何でしょうか。リクエストなど何でもご連絡をお待ちしています。引き続き宜しくお願いいたします。ご用命をいただきありがとうございました。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

YZ250FX/16モデルの定期メンテナンス。

みなさんこんばんは。

P1060143 P1060144

YZ250FX/16モデルの定期メンテナンスを行なっています。エンジンはご購入いただいてから初めての作業です。ピストンリング交換、エンジンヘッド点検、タペットクリアランス点検を行ないました。

P1060180

問題無くエンジン始動出来ました。良いフィーリングでした。トルクが有って良く回るエンジンですよね。笑  残すはサスペンションOH作業です。こちらも近日仕上がる予定です。

本日もお疲れ様でした。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

2/23(土)

みなさんこんばんは。

P1050927P1050926

BMW.R100GS用、リアショックのオーバーホールを行いました。御贔屓を頂いていますBMWショップ様から二台分のご依頼をいただきました。いつも大変ありがとうございます。ピストンロッドがそれぞれチタンコートとDLC処理されています。おのずと走行距離の伸びる車両だと思います。ピストンロッドのダメージを事前に防ぐにはベストな選択だと思います。

P1050940 P1050939

それぞれきれいに仕上がりました。オイルシール類、Oリング類、バンプラバー交換など、おおよそフルオーバーホールを行いました。走行フィーリングは如何でしょうか。

P1050921

KTM250EXC/13モデルのWP.4CSフロントフォークモデファイを行ないました。定期メンテナンスのタイミングと合わせて作業のご依頼をいただきました。4CSフロントフォークの初期モデルです。自分もこの年のフサベルTE250を所有していました。初期作動が良くて軽量でハンドリングがとても良かった印象ですが、ボトムフィーリングが結構今一歩で手首が痛かった思い出があります。笑 モデファイは14モデルからリプレースされたパーツを使用して、それに合ったリバルビングを行ないました。初期作動を生かしつつボトムフィーリングも改善します。P1050922

作業の仕上げに行うスプリングプリロードの寸法設定です。4CSはプリロード多目が良い印象だと思いますが、如何でしょうか。

P1050937

フォークシール類とカートリッジ/ピストンロッドのシール、プレッシャータンクのXリング等必要と思われるパーツ類を交換しました。走行開始は暖かくなってからだと思います。不具合など有りましたら、何でもご連絡をお待ちしています。遠方からのご用命をいただき、いつもありがとうございます。

 

P1060169

今週最後の作業はSHERCO用/KYBフロントフォークのセットアップ。先日から行なっている内容です。先週の走行ではあんまり酷いセット内容になってしまい自分でもあきれてしまいましたが、今回は上手く修正出来ているのでは?と思います。期待しつつ明日の走行です。今週はTMレーシング用のKYBとYZ系のKYB、それぞれの内容物とセットを確認しましたが、欧州車と国産車のセット内容はかなり違う印象でした。興味深い作業内容です。何処まで理解と体感が出来るか、楽しみですね。

今週もお疲れ様でした。お問い合わせをいただきましたお客さま、大変ありがとうございました。

ではではみなさん、良い週末を。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM125EXC/09モデルのサスペンションリバルビング。

みなさんこんばんは。

P1050959 P1050960

KTM125EXC/09モデル、サスペンションのリバルビングを行ないました。09/125EXCは自分も所有していたモデルです。このモデルからWPオープンカートリッジのリバウンド側ピストン径が変更になりました。シムのセットも08までと10以降に比べると独特のセットでした。印象深いモデルです。当時の印象で、フロントフォークは初期作動が悪くて固いイメージでした。ですのでリバルビングの効果が大きく出てくれたモデルでした。リアショックはニードルが大きく形状変更して、フロントフォークとは反対にとても良いフィーリングになりました。16モデルまでのPDSのベースとなったのはこの09/PDSだと自分としては思っています。

P1050961

メンテナンス自体も久しぶりという事で、パーツ類も消耗している物が目立ちました。その後の走行フィーリングは如何でしょうか。遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM250EXC.TPI/18モデルのフロントフォークモデファイ。

みなさんこんばんは。

P1050991 P1060150

KTM250EXC.TPI/18モデルのフロントフォークモデファイを行ないました。WPエクスプローラーフォークです。モデファイといっても19モデルで変更されたパーツ類をざっくり入れ替えるだけの作業です。なのですが、これがとても効果的です。19モデルはカートリッジのパーツが殆ど見直されました。この車両のお客さまに勧められて(笑)自分も1セット作ってみて先週走行してみましたがとても良いフィーリングでした。18モデルまでのような推進力に加えてダンパー効果が増した印象です。これまでのモデルは荒れた路面での走行時に、跳ねられたり落ち着きの無い印象でしたが収まりが良くなりました。また下りの荒れた路面では特に解り易いと思います。

P1060059

良いアドバイスをいただきありがとうございました。次回はリアショックですね。笑 引き続き宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

CR125R/02モデルのサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1050944 P1050943

CR125R/02モデルのサスペンションローダウン加工を行ないました。フロントフォークの作業はオイルシール/ダストシールの交換、インナーチューブの研磨、ローダウンカラーの製作と寸法に合わせたフォークスプリングを製作してセットしました。調整寸法は40MMです。ハードエンデューロでの走破性の向上をというリクエストです。

P1050941 P1050942

リアショックの作業も同じくオイルシールの交換とローダウンカラーをセットしました。窒素ガス圧の微調整が仕上げの作業となります。

P1050948

遠方からのご連絡をいただき、大変ありがとうございました。不具合など有りましたら対応いたします。引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

2/16(土)

みなさんこんばんは。

P1050907 P1050912

NSR50用、WPリアショックのオーバーホールを行いました。去年の春先にメンテナンスを行い、サーキット走行で1シーズン使用しました。シーズンオフのメンテナンスも兼ねてですが、早めのオイル漏れも起こしていました。必要な定期交換パーツを交換しました。暫く様子を見て下さい。またご連絡をお待ちしています。

P1050905 P1050906

SHERCO.250SEFR/15モデルのフロントフォークOHを行ないました。定期メンテナンスのタイミングという事でご依頼をいただきました。割と高年式な車両ですが、COMPアジャスターからのオイル漏れもありました。

P1050910

いつもご用命いただきありがとうございます。走行フィーリングは如何でしょうか。

P1050923 P1050925

KTM250EXC/17モデルのフロントフォークのOHを行ないました。オイル汚れが相当進んでいました。かなり遊んで来られたお客さまだと思います。笑  シーズンオフのメンテナンスです。WPエクスプローラーのメンテナンスに必要な特殊工具は比較的少なめです。構造はシンプルですがフィーリングはとても良いフロントフォークです。

P1050936

今シーズンも頑張って下さいね。いつもご連絡をいただき、誠にありがとうございます。

 

 

P1060134

そして今週最後の作業です。今日お客さんと電話で話していて19のエクスプローラーが凄く良いという話になりました。 一点パーツがBOで未完成だったテスト用フォークでしたが、パーツも入荷していましたので本日強引に完成させました。やっぱり早く試さないと、です。

今週も沢山のお問い合わせをいただき、大変ありがとうございました。何となく春先な感じの暖かい土曜でした。 ではではみなさん、良い週末を。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM85SX/04モデルのサスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1050930 P1050931

KTM85SX/04モデルのサスペンションOHを行ないました。結構久しぶりのメンテナンスだと思います。フロントフォークの作業は、インナーチューブ及びカートリッジのピストンロッドの研磨、リバウンドアジャスターニードルのグリスアップとCOMPアジャスターの分解とOリング交換を行いました。きれいになりました。

P1050929 P1050928

リアショックの作業です。オイルシールを始めOリング類やバンプラバーまでの消耗部品を交換しました。オイルは結構きれいでピストンリングも消耗していませんでした。走行時間的にはそれ程でも無い車両だと思います。スチールパーツの錆び落としとアルミパーツの洗浄を念入りに行ないました。外観も大事ですよね。

P1050938

走行フィーリングは如何でしょうか。いつもご連絡をいただきありがとうございます。引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

betaクロストレーナー250/19モデルのサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1050903 P1050904

betaクロストレーナー250/19モデルのサスペンションローダウン加工を行ないました。未走行車両という事でサスペンションもきれいです。念のためですが点検を行いフロントフォークとリアショックにローダウンカラーをセットします。

P1050911

フロントフォークの作業風景を取り忘れてしまいました。。。左側がダンパー室で右フォークがスプリング室という構造のフロントフォークです。ローダウンカラーの形状も異なります。今回は50MMローダウンという内容でした。フォークスプリングを新規で製作しました。いつもご用命をいただき大変感謝です。ありがとうございました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM690エンデューロ/16モデルのサスペンションリバルビング。

みなさんこんばんは。

P1050894

KTM690エンデューロ/16モデル、サスペンションのリバルビングを行ないました。まずは基本メンテナンスを確実に。リアショックのリバウンドアジャスターが固着気味でしたので分解してグリスアップを行ないました。スムーズなクリック感になりました。元々油っ気の無いアジャスター室ですので事前にグリスアップしておくのも良いかもしれません。

P1050896

このモデルの使用方法や車両重量に対して、前後とも固めのスプリングが使用されていると思います。多分二人乗りも考慮されての事なのかと思います。フロントフォークとリアショックそれぞれソフトスプリングを準備しました。リアショックはとにかくストローク感を感じていただけるようにを考えてシムセットを行ないました。

P1050895

林道走行で、石が浮いているところや丸石が埋まっている所等、固い路面で方向が定まらないという感想でしたので、フロントフォークは接地感重視でセットしました。スプリングプリロードを抜いてシムのセットはCOMP側とミッドバルブ側を主に工夫を凝らしました。

P1050897

リアショックスプリングはKTMエンデユーロモデルの66-69-72N/MMを選択。どすんと落としました。スプリング内径がやや細いため、スプリングリテーナーを加工して取り付けました。

P1050898

アスファルトだけの試運転でしたが、とても面白かったです。トルク感も十分ですしスピードも簡単に乗ってきます。良いエンジンです。 サスペンションはこれでOKだろうと自分なりに納得できました。 林道ツーリングを数回されたそうですが、お客さまも気に入っていただけた様子です。 お仕事のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone