KTM350フリーライドの車両整備。

みなさんこんばんは。

P1060266

KTM350フリーライドの車両整備を行ないました。まずはスターターモーターの交換から。ジェネレーターカバーを外してその奥にもう一個カバーが存在します。フライホイール、スターターギア関連パーツを取り外して回収及び交換といった作業です。

P1060267

ヘッドカバーガスケットからオイル漏れがありましたのでこの修理も行ないました。合わせてタペットクリアランスの点検も行ないました。EX/IN計四つ、それぞれ詰まっていましたので調整を行いました。良いタイミングでしたね。笑

本日もお疲れ様でした。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

3/16(土)

みなさんこんばんは。

P1060012 P1060010

SHERCO250SEFファクトリーのフロントフォークOHを行ないました。前回作業時から走行時間はそれ程伸びていない状況でのオイル漏れでした。インナーチューブに気になる縦傷が幾つか有りましたのでこれが原因だと思います。自分と同様(笑)サンドコースを好んで走行されています。走り終わった後の気配りがとても重要ですが、なかなか行き届かない事が多いんですよね。。

P1060014 P1060013

KTM150XC/18モデルのリアショックOHを行ないました。去年リバルビングの作業を頂いてからおおよそ一年経過しました。練習走行とレース、がっちり使用されているお客さまです。シリンダーボディーの内壁とNO2ピストンを受けるシリンダーにダメージが有りました。リアショックの動きが今一歩という事での作業以来でしたので、流石解っていらっしゃるといったところです。

P1060016 P1060015

いろいろお話して、前回リバルビング内容よりも強化方向にリセットしました。これがなかなか良かった様子です。DCC(ハイスピードCOMP)とNO1ピストンのCOMP側を作業しました。

P1060026

いつもご連絡をいただき大変ありがとうございます。今シーズンも頑張って下さい。またお話を聞かせてください。

P1060027 P1060028

ハスクバーナFE350/16モデル、リアショックのリバルビングを行ないました。分解点検の結果はとても良好できれいな状態でした。オイルシールと数点のOリング類の交換を行いました。山遊びが多く、ハードエンデューロも参加されているお客さまです。体格等も考慮してソフト方向へというリクエストでした。

P1060033

いつもお世話になっているディーラーさまからのご依頼でした。ありがとうございました。

 

P1060256

今週最後の作業は明日の走行準備です。この冬のまとめの作業と走行テスト、といったら大袈裟ですが、自分の中ではそんな気分で出かけます。

 

今週も沢山のお問い合わせをいただき、大変ありがとうございました。シリーズ戦が次々に開幕してくるこの時期はやっぱり気分が良いですよ。

ではではみなさん、良い休日を。

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM200EXC/14モデル、サスペンションローダウン加工とリバルビング。

みなさんこんばんは。

P1060003 P1060004

KTM200EXC/14モデルのサスペンションローダウン加工とリバルビングを行ないました。フロントフォークはオープンカートリッジ式です。SIXDAYS仕様は4CSになりますが、比較的性能が安定していてメンテナンスサイクルも長く取れるフォークです。モデファイ作業も接地感を出しやすくて自分的には好みのWPフロントフォークです。ローダウンカラーの挿入とリバルビング、リバルブに合わせたオイルの番手変更とスプリング交換を行いました。30MMの車高調整でしたので、スプリングは4CS用の純正パーツ470MMを選べます。

P1060005 P1060006

リアショックの作業です。それ程走行されていない様子のきれいな状態でした。年数が経っていますので消耗パーツ類は念のため交換させていただきました。14、15辺りのEXCモデルはSKFのオイルシールヘッドが採用されています。この後のモデルではWP純正パーツに戻ります。リバルビング、ローダウンカラーのセットを行ないました。エア抜きを丁寧に行ないました。

P1060008

最後にサイドスタンドをローダウン寸法分だけ加工して完成です。

P1060009

フォークスプリングとショックスプリングをそれぞれ1レートソフトに変更しましました。暖かくなってきましたし走行時間も伸びてきていると思います。その後の走行フィーリングは如何でしょうか。またご連絡をお待ちしています。遠方からのご用命をいただき、大変ありがとうございました。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

ハスクバーナ.TE250/17モデルのサスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1050994

HSQ.TE250/17モデルのサスペンションOHを行ないました。ハードエンデューロで使用されているお客さま。インナーチューブに凹みがありました。今回は写真でも解り易いレベルのダメージです。ハードエンデューロライダー向けに良いガードが有ると良いのですが、皆さんはどの様な工夫をされているのでしょうか。修理はストックで準備している再メッキ済みのインナーチューブを使用しました。

P1050995

中古車で購入されて、メンテナンス履歴が不明という事でした。オイル汚れもかなり進んでいましたので、メンテナンス後のフィーリングに期待が持てると思います。

P1050996

ハスクバーナはエンデューロモデルもリンケージ付きのモノショックです。 リアショックも同様にオイル汚れとキャビテーションが目立ちました。必要と思われるパーツ類の交換を行いました。

P1050997

とても良いフィーリングに戻ったという事でご連絡をいただきました。嬉しいですね。お仕事ご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM250EXC.TPI/18モデルのエンジンOH。

みなさんこんばんは。

P1060245

KTM250EXC.TPI/18モデルのピストン交換を行っています。おおよそ一年、レースと練習走行で使用した内容です。レース参加はこの車両のみですが、4サイクルもお持ちのお客さまですのでピストンもそこまで激しく消耗していません。こんな使い方が理想ですね。開幕前の仕上げの作業になります。

P1060247

今日はヘッドまでの組み付けを終えてタイムアップでした。明日エンジン始動を行ないます。

本日もお疲れ様でした。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM250EXC/16モデルのピストン交換。

みなさんこんばんは。

P1050975 P1050976

KTM250EXC/16モデルのピストン交換を行いました。購入されてから初めてのピストン交換です。テフロンコートが全体的に剥がれて吹き抜けもあります。交換後のパワーアップが期待できますね。しっかり洗車した後作業を行なっています。クリーナーBOX内はきれいにしておきたいです。

P1050977 P1050974

暫くエンジン始動していなかったという事で、キャブレター内が若干腐食が始まっていました。キャブレタークリーナーで洗浄を行ないました。リードバルブは僅かに開きが出て来ていましたが、価格的な事も考慮して今回はこのままセットしました。次回交換の際はVFOCEがお勧めです。エンジン始動後開き気味だったエアスクリューを調整しました。良い吹け上がりで気分が良かったです。走行フィーリングも問題無しと連絡をいただきました。お仕事のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM125SX/17モデルのサスペンションリバルビング。

みなさんこんばんは。

P1050968 P1050967

KTM125SX/17モデル、サスペンションのリバルビングを行ないました。モトクロス走行をメインに楽しまれているお客さまです。自分も所有している車両ですが、ハイスピード走行やサンド路面では気合を入れて走行して何とかちょうど良い(笑)セッティングです。全体的に柔らかめにというリクエストでした。とても納得出来る内容です。フロントフォークはシムの積層変更とプレッシャースプリングを柔らかい物に交換しました。

P1050966

エアフォーク側はエア抜けの故障がありました。ピストンリングを始め、原因になり得るOリング類の交換を行いました。

P1050969

リアショックの作業です。こちらも大きくシムの入れ替えを行いました。初期作動を柔らかく、またストローク感を感じていただけるようにセットしました。

P1050972

フォークの組みつけの際にステアリングの動きに違和感がありましたので、ステムベアリングの交換も行いました。

P1050973

フロントフォークはエア抜けの症状が気になりましたので、納車前に自前の車両で一度テストさせていただきました。15分程力を入れて走行しました。柔らかなフィーリングになった事とエア抜けが無い事を確認して車体にセットしました。

その後の走行フィーリングは如何でしょうか。また何でもご連絡をお待ちしています。ご用命をいただき、大変ありがとうございました。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM125EXC/SIXDAYS/13モデルのサスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1050989 P1050988

KTM125EXC/SIXDAYS/13モデルのサスペンションOHを行ないました。長い間メンテナンスされていなかったという事です。メンテナンス後の良いフィーリングを想像すると作業も楽しく行なえます。カートリッジ内の気密性が性能に大きく影響する4CSフロントフォークです。カートリッジピストンロッドのオイルシールにダメージが有る事が多いです。  インナーチューブはいつも通り研磨を行ないオイルシール類のセットを行ないます。

P1050990

リアショックも問題無く作業出来ました。当初はリバルビングまでを検討されていましたが、これまでの経緯と分解点検の内容を見てしっかりとした定期メンテナンスをお勧めしました。

P1050993

今年は雪解けも早かったのでは?と思いますが、既に試運転されたでしょうか。またご連絡をお待ちしています。ご用命をいただきいつもありがとうございます。

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

3/2(土)

みなさんこんばんは。

P1050952 P1050954

KTM/フリーライド250RのリアショックOHを行ないました。車両を購入されてから今回が初めてのメンテナンスとなります。オイル汚れは進行していましたが、特別な不具合も無く問題無く作業出来ました。自分と同郷のお客さまでした。ありがとうございます。そろそろシーズンインだと思います。笑 今後とも宜しくお願いいたします。

 

P1050945 P1050950

KTM690DUKE、フロントフォークOHを行ないました。定期メンテナンスの作業に合わせてマトリスのスプリングキットの取り付けも行ないました。インナーチューブのダメージが多く見られる車両だと思いますが、このお客さまのはとてもきれいで助かりました。スプリングキットの取り付けも問題無く作業できました。その後の走行フィーリングは如何でしょうか。遠方からのご用命をいただき、ありがとうございました。

 

P1060192

今週もSHERCO/KYBフォークのリバルビングがオーラスです。先週の走行でおおよその雰囲気が掴めました(のはずです。汗)。明日は比較対象になる別のフォークを持って出かけます。天気が持つと良いのですが。。笑 マディーコンディションでも何かは得られるでしょう。

今週もお疲れ様でした。ご連絡をいただきましたお客さま、大変ありがとうございました。

ではではみなさん、良い休日を。

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

WPツインショックのオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1050915

WPツインショックのオーバーホールを行いました。

P1050916

片側のショックからオイル漏れがありました。シールヘッドカバーのすぐ下位にかなり深い傷がありました。原因はこれですね。再メッキ処理を行ないました。

P1050984 P1050986

もう一方のピストンロッドは入念に研磨を行ないました。オイルシール類、Oリング類の交換とバンプラバーの取り付けを行ないました。WP/EMUタイプのショックアブソーバーは窒素の封入方法が独特だと思いますが、確実にセット出来る構造です。

P1050987

暖かくなってきて、そろそろ試運転の時期だと思います。不具合など有りましたらすぐに対応させていただきます。ご用命をいただき誠にありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone