KTM250EXCF/2010モデルのサスペンション作業。

みなさんこんばんは。

P1090129 P1090123

KTM250EXCF/10モデルのサスペンション作業です。内容はシート高で30MMのローダウン加工とフロントフォークリバルビングです。定期メンテナンスをベースに作業を行いました。フロントフォークの作業、まずは基本的な消耗パーツ類の交換とインナーチューブの研磨を行いました。

P1090130

WPオープンカートリッジタイプのフロントフォークです。自分なりにですがしっかりとしたオリジナルのリバルビングデータがあって、お客様の体格と走行条件に合わせました。30MMのローダウンに対して、このフォークはスプリングリテーナーで調整出来ない事と今回はバネレートを1レートソフトという内容で行いましたので、専用のスプリングを準備しました。ノーマルは505MM全長です。475MMスプリングはWP純正や社外パーツでも入手し易いスプリングになります。

P1090127 P1090128

分解時、TOPキャップがなかなか回転しなくて苦労しました。何とか外して確認するとねじ山にダメージが有りました。この修正を行って組み付けを行いました。

P1090131

リアショックの作業です。実は、、車両の年式は2010モデルですが、サスペンション自体は07モデルの物が装着されていました。フロントフォーク全長は一緒ですが、リアショックは07モデルのほうが短い設定です。10、07のノーマル寸法を考慮してローダウンカラーの製作を行いました。ぴったり寸法調整出来ている筈です。

P1090132 P1090134

エア抜きを確実に行い、フリーピストンの位置決めを行います。窒素ガス圧は10BARでセットします。

P1090136

きれいに仕上がりました。遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

beta.RR2T.200のサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1090118 P1090119

beta.RR2T.200、サスペンションローダウン加工を行いました。調整寸法はシート高で30MMとなりました。フォークスプリングを交換せず極力リーズナブルという内容で進めました。ノーマルのスプリングリテーナーからオリジナルのリテーナーへ交換し、スプリングの全長管理を行いました。COMP/REB独立タイプのフォークですのでTOPキャップの形状が左右異なります。片側のスプリングは僅かにショート加工を行い対処しました。バランス良く作業出来ました。

P1090117

インナーチューブが結構曇って(笑)いましたので、ぴっかぴかに磨きました。

P1090122

フロントフォーク、リアショック共よい感じでメンテナンスサイクルでした。リアショックはザックス純正のOHキットを使用して消耗したパーツ交換を行います。ローダウンカラーのセットを行い完成しました。

P1090135

いつもご用命をいただき、誠にありがとうございます。RR2T.200は自分もかなりフィーリングの良い車両だと思います。走行フィーリングは向上されましたでしょうか??。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTMフリーライド250F/2020モデルのサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1090102 P1090103

KTMフリーライド250F/20モデルのサスペンションローダウン加工を行いました。分解点検の結果はとても良好で、交換パーツは必要最低限になりました。ローダウンカラーとフォークスプリングリテーナーの製作を行い、シート高で30MMの調整を行いました。

P1090104

リアショックの作業です。フロントフォーク同様に良い状態でした。ローダウンカラーのセットと定期メンテナンスを確実に行いました。

P1090114

ローダウン作業と合わせて、前後ソフトスプリングへの変更も行いました。その後の走行フィーリングに問題は無いでしょうか。遠方からのご用命をいただき、いつも大変ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

9/12(土)

みなさんこんばんは。

P1090156 P1090164

CBR600RR用のフロントフォークOHを行いました。オイルシール類の交換とオイル交換、またインナーチューブ研磨を行い仕上げました。SHOWA、KYBのロード車両用のフロントフォークは比較的作業を行う機会が少ないですが、お客様に納得していただけるよう丁寧に作業しています。

 

P1090153 P1090166

SCOTTS製のステアリングダンパーOHを行いました。多分90年代から同様の仕様でこれまでになると思います。信頼性のあるアイテムです。フルオーバーホールを行いました。今後も安心して使用していただける筈です。

 

P1090154 P1090155

XR600R用のリアショックOHを行いました。とても久しぶりのメンテナンスという事で、定期交換パーツと縦傷が目立ったピストンロッド研磨をしつこく行い仕上げました。

P1090167

その後不具合等ございませんでしょうか??。

いつもご用命をいただき、誠にありがとうございます。

 

 

P1090328 P1090329

レースシーズンも後半戦です。今年の夏はめちゃ暑かった、、と思います。その間行ってきたSHERCO/KYBフロントフォークモデファイです。ライダーレベルに合わせてフォークスプリングをノーマルの4.2から4.4へ上げてセットを行ってきました。先週までの試運転で結構納得に行くフィーリングになりましたので、本番用のフォークのメンテナンス及びあと少しこんなのはどうかという内容を入れました。

P1090337

これまで仕上げたセット内容と上記作業を行ったフォークのテストを明日行います。いずれにしても来週はルスツ、本ちゃんです。

 

今週もお疲れ様でした。お問い合わせをいただきましたお客様、誠にありがとうございました。

それではもなさん、良い休日を。

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM400E-GS/1994モデルの車検整備。

みなさんこんばんは。

P1090334

KTM400EGS/94モデルの車検整備を行いました。暫くエンジン始動していなかった状態でお持込をいただきましたので、キャブレターOHを始め燃料廻りの点検を主に行いました。前回の車検後から殆ど走行されていない様子でしたので、その他の部分は簡単な点検のみで問題無かったです。昨日今日と試運転を行いキャブレーション確認を行いました。明日納車予定です。

90年代のKTMは殆ど見かけなくなりましたが、94モデルはその他数台のお客様がいらっしゃいます。93でもなく95でもないのが不思議です。自分が西山さんに入社した年なんですが、やっぱり何か縁が有るのかも(笑)です。パーツ類も入手し難い物が幾つかありますが、今後も何とか上手く対応していきたいと考えています。  今回もご用命をいただき、大変ありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM150XCW/2017モデルのサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1090096 P1090097

KTM150XCW/17モデルのサスペンションローダウン加工を行いました。初回点検も兼ねて作業を行いました。年数は少し経っていますが、コンディションはとっても良好でした。内容物、外観ともにきれいで交換パーツは必要最低限で行えました。調整寸法はシート高で40MM。フォークスプリングを変更しなくても良いぎりぎりの寸法です。金額的にもリーズナブルに仕上がりました。

P1090098

走行フィーリングに不具合は無いでしょうか。今回もご用命をいただき、誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM125EXC/2007モデルの車両整備。

P1090075 P1090077

KTM125EXC/2007モデルの作業を行いました。サスペンションOH及びローダウン加工とその他気になる点があったら確認を、という内容でご依頼をいただきました。とてもきれいな車体でしたが、クラッチ廻りからの音が気になりましたので分解点検を行いました。この年式近辺の125EXCは自分としてはとても馴染み深い車両です。05モデルから07モデル位まで、クラッチアウターハブにガタが出易かったです。今回も同様の症状でした。

P1090073 P1090074

キャブレター取り付け近辺が何となくオイルっぽい雰囲気でしたので、インマニとリードバルブを取り外し確認しました。マニホールドにいくつかクラックが有りました。各々、確認して正解でした。

P1090069 P1090068

本題のサスペンション作業は、定期メンテナンスとシート高で50MMのローダウン加工を行いました。自走でオフロード走行を楽しまれているお客様です。足付き性能が改善されて、オートバイに対する馴染みも深くなると思います。 その後の走行フィーリングに不具合は無いでしょうか。お仕事のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

9/4(土)

みなさんこんばんは。

P1090094 P1090095

VTR1000用の純正リアショックOHを行いました。初回のOHになりました。窒素封入口の増設を前提に作業を行いました。アフターフォロー用のパーツはおおよそ入手可能です。ピストンロッドに深い縦傷が幾つかありオイル漏れがありました。ロッド研磨を入念に行いました。

 

P1090099

その後不具合は無いでしょうか。いつもご連絡をいただき、大変ありがとうございます。

 

P1090101 P1090105

アプリリアRSV1000R用の純正リアショックOHを行いました。ザックス製となります。ロッドが16MMという数字で一瞬考えましたが、勝手知ったるパーツ類が適合して一安心でした。笑 各種消耗パーツの交換とバンプラバーの取り付け、また今回はショックスプリングの再塗装のご依頼もいただき、きれいに仕上がりました。走行フィーリングのほう、その後如何でしょうか。ご連絡をいただきありがとうございました。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

P1090139 P1090140

BMW.R1150用のOHLINSリアショックのOHを行いました。初回のメンテナンスを兼ねて、今回は理由あって比較的大きな全長調整も行いました。必要と思われるパーツ類の交換と寸法調整用のカラーの製作とセット、このタイプはTOPキャップを取り外してエア抜きとフリーピストンの位置決めを行います。

P1090142

窒素ガス圧は比較的高めにセットされています。仕上げの作業として確実に行いました。

P1090145

油圧PAもややエアが入っている感触でしたので、エア抜き作業のみ行いました。車体とのバランスと走行フィーリング、それぞれ不具合は無いでしょうか。今回もご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

今週もお疲れ様でした。今週は何だか雨ばかりの一週間で急に涼しくなりました。大きなレースウィークが続く季節になりました。体調管理に気を付けて、良いシーズンを楽しみましょう。

今週も沢山のお問い合わせをいただき、ありがとうございました。

ではではみなさん、良い週末を。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM625SMC/2006モデルの作業。

みなさんこんばんは。

P1090080 P1090082

KTM625SMC/06モデルの作業です。サスペンション作業のご依頼でしたがラジエターに油っぽい物が混入しているという事でしたので、この確認作業から行ないました。結果はウォーターポンプのメカニカルシールの痛みが原因でエンジンオイルが少しずつクーラントに混ざっていたみたいです。LC4のエンジンヘッド作業は久しぶりでした。笑 オイルシール、メカニカルシール、W/Pシャフトとベアリング交換を行い、ラジエター及びホースとブリーザーホースの洗浄を行いました。

P1090071 P1090072

サスペンションの作業は、シート高で50MMのローダウン加工を行いました。メンテナンス自体も久しぶりという事でしたのでフルOH作業も兼ねました。COMPアジャスターからのオイル漏れは今後間違い無く有る筈です。アジャスター部のOリング交換はWPオープンカートリッジフォークでは定番の作業になります。

P1090065 P1090066

リアショックはWP4681タイプです。他のメーカーでも多く採用されていました。とても良い性能のリアショックユニットだと思います。品物によってはエア抜きがなかなか難しい物がありますが、今回はスムーズに作業が進みました。

P1090086

車高が低くなって安心してライディング出来るようになった様子です。良いご報告をいただきました。良い作業が出来て安心しました。お仕事のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM250EXC/2017モデルのサスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1090039 P1090041

KTM250EXC/17モデルのサスペンションOHを行いました。定期メンテナンスと合わせてフロントフォークスプリングを1レートソフトへ交換を行いました。消耗したパーツ類の交換とフォークインナーチューブ、リアショックピストンロッドの研磨等入念に行い仕上げました。

P1090050

同郷のお客様からのご依頼でした。山遊びもこれから良いシーズンに入りますね。笑 お仕事のご用命をいただき大変ありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone