KTM250EXC.SIXDAYS/2012モデルの作業。

みなさんこんばんは。

P1110216

KTM250EXC.SIXDAYS/12モデル、エンジン始動不良の修理を行いました。故障探求ではステーターコイル不良という結果でした。テスト用のコイルで念のため始動確認を行いパーツの発注を行いました。その他セルスターター関連パーツ類の修理も行いました。今後も長く楽しんでいただける筈です。 作業のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

XACT.PRO6500キットのセット作業。

みなさんこんばんは。

P1100990 P1100986

XACT.PRO6500カートリッジキットの組み付け作業を行ないました。車両はハスクバーナFC250/2021モデルです。サンプルフロントフォークで十分に走行をしていただいた結果気にいっていただけた様子です。ご購入いただき、誠にありがとうございます。

P1100989

ノーマルセットからオリジナルセッティングにリバルビングを行い納品させていただいています。リザーバータンクスプリング交換とリバルビングを行い、フォークスプリングは4.4N/MMの仕様です。このキットは2021以降のハスクバーナ用という内容で、フォーク長がKTM用フォークより10MM短くセットされます。この仕様のカートリッジの組み付けは初めての作業でした。

P1100991

この度も作業のご用命をいただき、大変ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

beta.RR2T.300/2021モデルのサスペンション作業。

みなさんこんばんは。

P1100904 P1100980

beta.RR2T.300/2021モデルのサスペンション作業です。インナーチューブに大きなダメージを受けてしまったという事でご連絡をいただきました。研磨の修正は難しい傷の深さでしたので、今回は再メッキ処理で対応しました。

 

P1100972 P1100982

中古車で購入されたお客様です。既にリバルビング済みという事でしたが、これから本格的な走行に入る前にセッティング内容とサスペンションの状態の確認を行い、定期メンテナンスと共に今後の走行条件に合わせたセッティングへ変更するという作業になりました。

P1110023 P1110024

リアショックも同様の作業になります。ザックス製リアショック、今はZFという呼び名になると思います。年々少しずつ進化している構成パーツ類です。

P1110025 P1110026

エア抜き作業をいつも通りしつこく(笑)行い、窒素ガスを封入して完成です。

P1110030

より良くセットアップ出来ている筈です。初回走行のフィーリングは良好、との事でご連絡をいただきました。今後も幅広くライディングを楽しんでいただければと思います。作業のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM350EXCF.SIXDAYS/2023モデルのサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1100963

KTM350EXCF.SIXDAYS/2023モデルのサスペンションローダウン加工を行いました。新車状態でのご依頼をいただきました。23モデルWPサスペンションの内容を確認させて頂きながらの作業になりました。

P1100959 P1100962

調整寸法はシート高で20MMの調整です。フロントフォーク/リアショック共にはローダウンカラーの製作とセット、またフォークはフォークスプリングをそのまま使用しましたので、スプリングリテーナーを新規で製作して交換しました。特に気を付けるのはリアショックのエア抜き作業です。いつも通りの作業ですが、新品ショックのエア抜け具合を意識します。笑

P1110076

今年のSIXDAYSモデルのカラーリングはとても綺麗です。フリーライディングやレース参加等、幅広く楽しんで下さい。作業のご用命をいただき、誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

SHERCO250SEF.ファクトリーのエンジン作業。

みなさんこんばんは。

P1110175

SHERCO.250SEF.ファクトリー/2016モデルのエンジンメンテナンスを行いました。今回は時間が限られていますので、行って帰って来るといった作業でしたが、要所を押さえながらのオーバーホールが出来たと思います。今週末の納車予定です。

本日もお疲れ様でした。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM990ADV/2008モデルのサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1100917

KTM990ADV/2008モデルのサスペンションローダウン加工を行いました。

P1100918 P1100919

フロントフォーク/リアショック内にローダウンカラーを製作してセットします。今回の調整寸法はシート高で50MM。このモデルでは前後スプリングを調整した寸法分だけ短いスプリングを準備します。今回が初回の分解になったと思います。定期メンテナンスも兼ねて作業を行ないました。リアショックピストンロッドとピストンの組み付けは少し特殊な作業が加わります。オイル通路を確保しながらピストンロッドナットのトルク管理を行います。

P1100947

初回走行後にご来店をいただきました。気に入っていただけたご様子でとても安心しました。その後も不具合などございませんでしょうか。この度諸々、大変お世話になり誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

11/19(土)

みなさんこんばんは。

P1100927 P1100928

KTM300EXC/201モデルのリアショックオーバーホールを行いました。定期メンテナンスのご依頼です。この頃のWP/PDSリアショックは車種によってSKFのオイルシールが使われていました。現在は純正パーツでは入手出来ないパーツとなっています。今後のメンテナンスを考慮して現行品のシールヘッドCPLで対応させていただきました。

P1100929 P1100931

入荷時はオイル漏れが原因で、正常なダンパー効果がありませんでした。必要なパーツ類の交換と確実なエア抜き作業、窒素ガス圧を正規の数値に合わせ完成します。

P1100943

良いフィーリングが戻っている筈です。この度も作業のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

P1100973 P1100975

BETA.Xトレーナー250のリアショックオーバーホールを行いました。ピストンロッドからのオイル漏れのため修理のご依頼をいただきました。通常通りのメンテナンスに合わせて、今回はシート高で30MMのローダウン加工も行いました。フロントフォークはひとまず突き出しを多くしてバランスを見ていただきます。オイルシール類、各種Oリング、バンプラバーの交換、そしてピストンロッドの研磨を入念に行いました。

P1100977 P1100978

その後の走行フィーリングに不具合などございませんでしょうか。また何でもご連絡をお待ちしています。作業のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

P1110168

今週の締めの作業です。試運転用XACT.PRO6500のフォークスプリング交換を行いました。次回はKTM350EXCFのお客様に貸し出しします。なかなか好評のカートリッジキットです。興味がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。笑

 

今週もお疲れ様でした。今週も沢山のお問い合わせをいただき、誠にありがとうございました。

それではみなさん、良い休日を。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM250EXC.TPI.SIXDAYS/2020モデルのサスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1100912 P1100913

KTM250EXC.TPI.SIXDAYS/20モデルのサスペンションオーバーホールを行いました。定期メンテナンスとしてご依頼をいただきました。フロントフォークはオイル汚れが相当進行していました。インナーチューブは小さな傷が幾つか有りましたが、当たり自体はとても良好でした。インナーチューブ研磨を行い、パーツ各々の交換を行いました。

P1100915

リアショックもオイル汚れが進行していましたが構成パーツ類に不具合は無く、フロントフォーク同様当たりの良い、良好なサスペンションに感じました。

P1100916

良いフィーリングが戻っている筈です。遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

KTM125SX/2001用フロントフォークのリバルビング。

みなさんこんばんは。

P1100908P1100911

KTM125SX/01モデル用フロントフォークのリバルビング作業を行ないました。WP4357フロントフォークです。エンデューロ走行に適したセッティングに変更を行いました。当時のマニュアルを確認したところ、エンデューロモデルとモトクロスモデルはフォークスプリングが同レートでした。すっかり忘れていた内容です。相違は勿論シムセットとスプリングプリロードとという解釈で作業を行いました。

P1100907 P1100906

定期メンテナンスとして、WPオープンカートリッジではオイル漏れし易いCOMPアジャスター部のシール交換とインナーチューブ研磨、フォークシール類とブッシュ交換を行いました。

P1100909 P1100914

リバルビング後の成果は如何でしょうか。リクエストなど何でもご連絡をお待ちしています。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。作業のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone