月別アーカイブ: 2020年2月

ハスクバーナTE250/15モデルのメンテナンス。

みなさんこんばんは。

P1060965 P1060964

HSQ.TE250/15モデルの車両整備を行ないました。まずはピストン交換から作業に入りました。お客さまの言うとおり、結構走行されている雰囲気のピストンです。OH後のエンジンフィーリングに期待大ですね。排気デバイスも合わせてクリーニングしました。

P1060966

エンジン始動時にスターターモーターが空回る時があるという事で、関連パーツ類の点検を行いました。特に異常は無いように思いましたので、洗浄とグリスアップを行い丁寧に組み付けを行いました。

P1060973

最後にリアショックのOHを行いました。購入されてから初回のOHとなります。こちらも良いフィーリングに戻る筈です。

P1060979

いつもご用命をいただき、誠にありがとうございます。現在頂いている作業も極力早めに仕上げたいと思います。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

KTM500EXC.SIXDAYS/16モデルのサスペンションメンテナンス。

みなさんこんばんは。

P1060925 P1060926

KTM500EXC.SIXDAYS/16モデルのサスペンションOH及びローダウン加工を行いました。シート高で40MMのローダウンを行うと共に、購入してからどうもスムーズに動かない印象があるというフロントフォーク。構成パーツを出来る限り細部まで点検しました。

P1060924

オイルシール類の交換と、通常通りインナーチューブの研磨を行ない仕上げます。

P1060927 P1060928

リアショックも同様に、細部の点検を行いました。エア抜きを丁寧に行ない完成です。

P1060944

フロントフォークスプリングは、標準よりも1レートソフトの4.4N/MMをセットしました。その後の走行フィーリングは如何でしょうか。何か不具合が有りましたら、何でもご相談をいただければと思います。よろしくお願いいたします。遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

2/22(土)

みなさんこんばんは。

P1060954

KTM用WP4860EXP/フロントフォークのOHを行いました。冬季の定期メンテナンスとなります。パーツ類に消耗は少なかったのですが、オイル汚れが結構進んでしました。マディー路面や川の中も走行するエンデューロ車両ですので、フロントフォークオイルは白濁し易いと思います。割と簡単な構造のフロントフォークですので、時々のオイル交換だけでもフィーリングが変わってくると思います。

P1060955 P1060956

ザックスリアショックのOHを行いました。車両はbeta/RR2Tです。定期的にメンテナンスのご依頼を頂いているショックユニットです。今回も丁寧に作業させていただきました。シーズンインが楽しみですね。

P1060959 P1060957

いつもご贔屓いただいていますショップ様からまとめてご依頼いただきました。いつも大変お世話になっています。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

P1070191

今週最後の作業です。明日の走行準備を行いました。久しぶりの深夜作業になってしまいました。。。笑

今週もお疲れ様でした。今週も沢山のお問い合わせをいただき、大変ありがとうございました。

それではみなさん、良い休日を。

 

 

 

 

KTM150XC/2020モデルのサスペンションローダウン加工。

みなさんこんばんは。

P1060968

KTM150XC/20モデルのサスペンションローダウン加工を行いました。

P1060971 P1060972

ローダウン寸法はシート高で50MMの調整です。KTM本社が推奨する一番低い車高となります。ローダウンカラーの製作とセット、フロントフォークスプリングはお客さまの体格に合わせたソフトな設定で、ショートスプリングを準備しました。20モデルはレッドカラーのパーツ類が見栄えしますね。

P1060970

最後にサイドスタンドのショート加工を行いました。

P1060975

その後の走行フィーリング、如何でしょうか。何か有りましたら何でもご相談下さい。いつもご用命をいただき、誠にありがとうございます。

OHLINS/ツインショックのオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1060947

OHLINSのツインショックOHを行いました。久しぶりのメンテナンスになるという事で、入荷した際はリバウンドアジャスターが利かない状態でした。いつも通りの分解点検作業を行い組み立てを行います。

P1060949

きれいに仕上がりました。リバウンドアジャスター不良は窒素ガス圧の低下によるものでした。良いフィーリングが戻っている筈です。如何でしょうか。いつもご用命をいただき大変感謝です。ありがとうございます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

WPツインショックのオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1060930 P1060931

WPツインショックのOHを行いました。ピストンロッド径が12.4MMのタイプです。オリジナルのオイルシールは入手が困難な事と、オイル漏れのリスクが高い構造のため、シールヘッドを加工してパッキン型のオイルシールをセットしています。その他Oリング類、ブッシュ等、必要と思われますパーツの交換を行いました。

P1060932 P1060933

今回は一点トラブルがありました。片側のオイルシールヘッドがシリンダーボディーとかじってしまっていて分解が困難でした。何とか回収して、ねじ山の目立てをそれぞれ行ないました。上手くフォローする事が出来て一安心でした。

P1060936

きれいに仕上がりました。その後の走行フィーリングに問題は無いでしょうか。お仕事のご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

2/15(土)

みなさんこんばんは。

P1070045

YZ250FX/15モデル、フロントフォークのOHを行いました。

P1070043 P1070044

前回作業を頂いてからおおよそ二年程となります。カートリッジ内のオイル漏れのため、ピストンロッドが正常に作動していませんでした。フリーピストンとピストンロッドのオイルシールをそれぞれ交換しました。

P1070046

いつもご用命をいただき、大変ありがとうございます。その後、問題無く走行出来ているでしょうか。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

P1070050 P1070049

beta.Xトレーナー250のフロントフォークOHを行いました。メンテナンスと同時に、今回はアンドレアーニのカートリッジキットをセットしました。ノーマルフォークは片側がダンパー室、もう片方はスプリング室に分かれていますが、このセットは各々スプリングがセットされて一般的なオープンカートリッジタイプとなります。パーツ類も精度良く作られている印象です。流石アンドレアーニといった雰囲気です。定期メンテナンスとしては、インナーチューブの研磨を行ない、オイルシール類とブッシュ類の交換を行いました。

P1070051

フォーク単体を押してみただけですが、とても良いフィーリングだと感じました。試運転の結果は如何でしたでしょうか??。またご連絡をお待ちしています。いつもありがとうございます。

 

今週も沢山のお問い合わせをいただき、大変ありがとうございました。

それではみなさん、良い休日をー。

 

 

 

 

ハスクバーナTE125/4T/サスペンションオーバーホール。

みなさんこんばんは。

P1060920 P1060921

ハスクバーナTE125.4TのサスペンションOHを行いました。まずはフロントフォークの作業から。購入されてから初回のメンテナンスになると思います。オイル汚れが進行していました。インナーチューブに細かな傷がいくつか有りましたので、研磨を行ないオイルシール類の交換を行いました。スライドメタルは当たりが良好でヘタリも有りませんでしたので、そのまま使用しました。またTOPキャップにエア抜き口の増設を行いました。

P1060918

リアショックは窒素封入口の無いタイプですので、封入口を作りました。オイルシール、ダストシール、スライドブッシュがを交換して組み付けを行いました。

P1060929

その後の走行フィーリングは如何でしょうか。遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

KTM250TPI.SIXDAYS/19モデルの中古車整備。

みなさんこんばんは。

P1070151

KTM250TPI.SD/19モデルの中古車整備を行なっています。まずはきれいに洗車を行い、フロント廻りから整備を開始しました。ステムベアリングにたっぷりときれいなグリスが入っていました。程度◎です。

本日もお疲れ様でした。

 

2/8(土)

みなさんこんばんは。

P1070038 P1070037

ハスクバーナTE250/15モデルのリアショックOHを行いました。ピストンロッドからのオイル漏れという事でご依頼をいただきました。中古車で購入されてから初回のOHという事でしたので、正常なフィーリングが戻るようにを心がけました。同型をいくつか作業してきましたが、割とオイル漏れしやすいショックアブソーバーという印象です。。ピストンロッドの研磨を入念に行ないました。

P1070047

遠方からのご用命をいただき、誠にありがとうございました。何か不具合など有りましたら対応いたします。引き続きよろしくお願いいたします。

P1070039 P1070048

KTM250TPI/18モデルのリアショックOHを行いました。こちらも同様にピストンロッドからのオイル漏れ修理となりました。走行開始からおおよそ二年程の経過だと思います。定期メンテナンスとしても良いタイミングだったと思います。オイル漏れの影響でリバウンドアジャスターもクリック感が無い状態でした。必要と思われるパーツ類の交換を行い、各部正常な状態に戻りました。

P1070048

その後の走行フィーリングに問題は無いでしょうか。いつもご連絡をいただき、大変ありがとうございます。

 

 

P1070108 P1070109

今週最後は自前SHERCOのメンテナンスです。どうも気になり始めるとスルーできないリンケージのグリスアップを行いました。雨の日も走行する機会が多かったのですが、グリスもしっかり残っていて良い状態でした。入念にグリスアップを行い、こんな雰囲気なら夏前までは余裕で持つかなという印象です。

P1070137

明日はちょっと久しぶりのSHERCOでの走行です。ドライコンディションに憧れていたこの頃でした。笑 明日は良いテストが出来そうです。

今週もお疲れ様でした。沢山のお問い合わせをいただき、大変ありがとうございました。

それではみなさん、良い休日を。